Main menu:

Categories

 

国会中継

国会中継

国会中継を見ていて、言葉って難しいなと思います。

政治家が国の問題や方針を話し合ったり決定する場だと思いますが

私がたまたま見た国会中継では、大の大人が日本語の意味について

言い合いをしていました。

事の発端は「等」

今回の質問内容の書類に、「○○問題、等」と書かれていたから、

ちょっと○○問題とはズレるけど、別問題の話も質問してもいいでしょう。

じゃぁ、「等」というのはどういう意味ですか!と言っているんです。

その一言にたくさんの大人が主張にかかります。

「等」の意味について話している間にどんどん時間は過ぎていき

質問が中途半端に終わってしまいました。

え?これで終わりなの?と思うくらいです。

ちゃんと質問して、回答を聞きたいのですが、これでは一向に前に進みません。

質問や回答も同じようなことを繰り返し言っているだけで

特に違った方向からばしばし質問をしているようにはとても思えません。

国会は上げ足の取り合いと聞いたことがありますが

確かにこれじゃぁ上げ足ばっかりとってと言われてもしょうがないと思います。

上げ足をとるような話し合いをするくらいなら

止めてしまえばいいのにと、テレビを見ていていい気分がしません。

そもそも、あの上げ足の取り合いを政治家が本気でやっているとしたら

日本の未来が危うく感じます。

耽々と話し合いが進む中で、何か事務的に話し合いをしているように

私には見えますが、この話し合いは本当に意味があるものなのでしょうか。

国会中継を見ていて、どうしてもそう思ってしまい

嫌な気分になってチャンネルを変えてしまうのですが

そんな私もどこかしら政治家に任せっぱなしで

ニュースになっている様々な問題を第三者として見ているのも事実です。

テレビの中の問題であって、実際の問題としての

リアル感というのが正直言ってあまりないと思います。

日本人の意識の低さというのはよく問題になりますが

今の教育の在り方や、自分の国についての興味関心というのは

今後もっと低くなっていきそうな気がします。

今から子供を産み、育てようとしている年代の人が

まったく興味がないのですがから。

せめて今後の国会中継が、子供にも見せられるように

変わっていけたら、教育の一環になりそうですが

今のままじゃぁとても子供に見せられないと、見ていてがっかりするばかりです。

新型アウトランダー値引き額

Apple VS サムスン

特許侵害で争っているアメリカのAppleと韓国サムスンのニュースがこのところたくさん流れてきますね。よくわかりませんが、色々な面(部品?)で裁判があるようです。

ちょっとおもしろかったは少し前イギリスの判事がサムスンのギャラクシータブはアップルほど格好良くないといって、Apple側の主張するデザイン特許の侵害を退けたことです(笑)。法律には詳しくないのでよくわからないのですが、誰かがかっこいい何かのマネをして、でも所詮はマネだからそれほどかっこよくならなかった……という結果であっても、マネをしたことがわかれば(そしてそのデザインに特許がだされていれば)特許侵害になるんじゃないでしょうかね?。Appleとしても「Appleのほうがかっこいい」といわれたわけですから悪い気はしないでしょうが……(笑)。まあ、販売されている国ごとに裁判が起こされているようで、裁判によっては「侵害の可能性あり」ということで仮処分がでていたりもして、それぞれのようですが。

AppleがiPadを出して以来、それまでも流行っていなかっただけでたくさんのタブレット機があったわけですが、どこもかしももiPad的なデザインにがらっとかわりましたよね。なんかこう、iPad以前のタブレットって、電気系統の検査にくるおじさんがもっている器械……ってイメージで、それをかばんからサッととりだしても「え?!それなに?!」とはおもいますが決してスタイリッシュとはいえなかったとおもいます。やっぱりAppleってすごいんだなあ。時代の流れを変えてしまう力があるというか……。私はiPadしかつかったことなく、他のタブレット機の使い心地などはわからないのですけどね。

私が今楽しみにしているのはiPadのほうではなくて、iPhoneの新機種です!前回のiPhone4Sへの機種変更は見送ったので、私のiPhoneはまだiPhone4です。ですから、音声アシスタント機能がないのです!私もはやく音声アシスタントとおしゃべりがしたいと毎日思っていますから、新機種の発売が本当に待ち遠しい。秋には登場するということなので、今か今かとその日を待ち望んでいるのでした。