Main menu:

Categories

 

果物狩り

果物狩り

もうすぐ夏も終わろうとしていて、確実に秋の気配がすぐそばまで近づいてきています。

夏休みには家族で旅行へ行ったり、海へ行ったり、バーベキューをしたりした人も多いんではないでしょうか。

春から秋にかけては屋外で楽しめることも多いですね。

春はお花見、夏は海、そしてこれからの秋だと果物狩りや紅葉などでしょうか。

秋はだいぶ暑さも和らいで楽しめることも増えるので私は大好きです。

読書の秋、芸術の秋、食欲の秋…

そんな話を夫としていると、「お前は食欲の秋っていうか年中食欲やん」とつっこまれてしまいましたが。

だって秋っておいしいもの多いじゃないですか。

ナシやブドウなどの果物やマツタケなど。

こういう時に四季の変化がある日本に生まれてよかったとつくづく思いますね。

子供の頃は秋には遠足があったのでとても楽しみにしていたのを覚えています。

遠足って各学校で色んなところに行ったりして面白いですよね。

うちは奈良が近かったので大仏さんを見に行ったり、みかん狩り、イモ掘り、海遊館などに行った記憶があります。

あとは映画なんていうのもありました。

遠足で映画ってどうよとは思いましたが、それはそれで今となってはネタの一つとなっているのでいいのかなとも思います。

当然ですが、大人になると遠足なんてないのでその頃のことをよく思い出しては懐かしく感じます。

なんだか思い出していると、果物狩りに行きたくなって来ました。

九州は色んな県で農業が盛んですよね。

私たちのいる鹿児島でも農園などはよく見かけますし、実際うちの祖父母も農園をしています。

私はぶどう狩りかイモ掘りが良いのですが、夫は梨狩りに行きたいそうです。

私は梨は水分が多くてすぐお腹いっぱいになってしまうからぶどうのほうが元を取れるという話をすると夫がびっくりしていました。

というのも、こちらの農園はとった分だけお金を払う制度のようです。

私はてっきりいくらか払って食べ放題だと思っていました。

なるほど、地域によって違いがあるんですね。

秋本番まではもう少し時間があるのでどこへ行くのかじっくり決めたいと思います。

吉田沙保里選手はやっぱりすごい!

レスリングの吉田沙保里選手、今回のオリンピックでも見事な金メダルでしたね!三連覇、本当にスゴイです。オリンピックの三連覇を果たしたのは日本人でたった3人しかいないそうです。柔道の野村忠宏選手、そして、レスリング63キロ級の伊調馨選手、そして同じくレスリングは55キロ級の吉田沙保里選手!

吉田選手は、三重県の津市出身で、現在は愛知県の大府市に住んでいるのだそう。地元の人たちはやっぱり誇らしいのでしょうね!三重県では今回の金メダルで、二回目の特別栄誉賞を吉田選手に授与したそうなんです。その記事を新聞で読んだのですが、副賞もすごかったですよ!松阪牛です!その他の三重県産品とあわせて500万以上もするんですって?。いいなあ、あたしも松阪牛食べたいです(笑)。モリモリ食べてもっと強くなってね!という思いもあるでしょうし、ここは県産品も良いアピールになるでしょうから、気合いを入れたに違い有りません。

吉田沙保里選手においては、勝つのがもはや当たり前。負けることのほうが珍しいわけですからね……そのプレッシャーはすごいものだとおもいます。これだけ強い選手でも、試合の前の日には眠れないこともあったそうです。しかも今回の五輪は調整に苦労をしていたようで、「勝てるかわからなかった」とインタビューにこたえていました。プレッシャーを感じないのではなく、感じつつもそれに打ち勝って勝利していくわけですからやっぱり一流のアスリートというのは立派なものですよねえ……。

お父さまもレスリングの選手で、全日本王者なんだとか。そんなお父様の影響をうけて、3歳からレスリングをはじめたんだそうですよ。きっと素質も有り、その上英才教育を受けてのこの実績なのでしょうが、なによりも本人の努力あってこそですものね。身長はたったの156センチで、体重は56キロ。実は私の身長体重と同じですが、吉田選手のからだは筋肉がいっぱいですから、私のこのたるみようとはまるで違います……あたりまえですけどね(笑)。ぜひ次のオリンピックも金メダルをとってほしい!正真正銘前人未到の四連覇を是非観てみたいです。